特別対談 「伝える×伝える」〜日本の文化を、世界へ発信する〜

特別対談 「伝える×伝える」〜日本の文化を、世界へ発信する〜

『日本の素晴らしさ、カッコ良さ』
そう聞いて頭に浮かぶイメージはどんなものでしょうか。

日本では時代の流れとともに食、アニメ、ポップカルチャー…さまざまなコンテンツが生まれ発展しています。
そんな中でも私たちの中に色濃く根付き、根幹となっているもの。そして受け継ぎ大切にしていかねばならないもの。
それは古来から伝わる日本の伝統文化ではないでしょうか。

今回の特別対談「伝×伝」のテーマは「日本の文化を、世界へ発信する」
日本の伝統文化の持つ特異な「動き、リズム、精神性」を
総合芸術として表現するアーティスト サカクラカツミさんにご登壇いただきます。

武道の基本動作などに多く見受けられる体幹部を捻らない動き、
日本人が持つ「間」のリズム、 武道に集約された他の国には見られない日本の精神。

その一つ一つを丁寧に表現し、総合芸術として世界へ発信しているサカクラ氏の念い、活動の理念、パフォーマンスを通じて伝えたいことをお話しいただきます。

後半は、書家として同じ念いを持ち活動している代表理事の前田との対談です。
サカクラ氏はパフォーマンスを通じて、前田は書を通じて。 日本の文化を世界へ伝え続けている二人の熱い対談をどうぞお見逃しなく。

開催概要

日時2021年11月15日(月)
19:00~20:30
参加対象プレゼンテーション協会 法人会員・個人会員 / 非会員
参加費法人・個人会員:無料
非会員:1,000円
参加方法peatixにてお申込みください。詳しくはこちら
タイムライン【18:50】 開場
【19:00】 開始
【19:00~19:05】 プレゼンテーション協会 説明(前田)
【19:05~19:25】 サカクラ氏 講演
【19:25~20:00】 サカクラ氏・前田のトークセッション 「伝える×伝える」〜日本の文化を、世界へ〜
モデレーター:堀口友恵(プレゼンテーション協会 専務理事)
【20:00~20:20 】 質疑応答
【20:20~20:25】 次回プレゼンテーション協会告知
【20:25~20:30】 写真撮影
【20:30】 終了
※最大延長21:00まで
開催場所<オンライン>ZOOM

登壇者プロフィール

サカクラ カツミ(さかくら かつみ)

日本の伝統文化の持つ特異な「動き、リズム、精神性」を総合芸術として表現するアーティスト。世界で初めて映像と生のパフォーマンスをシンクロさせた「プロジェクションライブ」を発案し、オリジネーターとして海外でも高い評価を得ている。現在世界41ヵ国から招聘されパフォーマンスを行い21ヵ国のTV番組に出演。ラグビーW杯2019日本大会の開会式やクアラルンプールにて行われた第128回IOC国際オリンピック委員会総会の開会式など世界規模のイベントにてパフォーマンスを務める。 また、2018年より東大の「異才発掘プロジェクト“ROCKET”」の講師を務め、中高大学での講演会も行う。

前田 鎌利(まえだ かまり)

プレゼンテーションクリエイター・書家
一般社団法人 プレゼンテーション協会 代表理事
株式会社 固 代表取締役
一般社団法人 継未 代表理事

1973年福井県生まれ。
東京学芸大学卒業後、光通信、ジェイフォン、ボーダフォン、ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)と17年にわたり通信事業に従事。2010年にソフトバンクグループの後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1 期生に選考され、初年度第1位を獲得。孫社長が行うプレゼン資料作成にも参画。ソフトバンク子会社取締役や、ソフトバンク社内認定講師(プレゼンテーション)として活躍したのち、2013年12月にソフトバンクを退社。独立後、『社内プレゼンの資料作成術』『社外プレゼンの資料作成術』(ダイヤモンド社)を刊行して、ビジネス・プレゼンの定番書としてベストセラーとなる。
ソフトバンク、ヤフーをはじめとする通信各社、教育関係企業・団体のほか、鉄道事業社、総合商社、自動車メーカー、飲料メーカー、医療研究・開発・製造会社など、多方面にわたり年間200社を超える企業においてプレゼン研修・講演、資料作成、コンサルティングなどを行う。

お申込み

参加ご希望の方は下記よりお申し込みください。

この記事を書いた人

プレゼンテーション協会