プレゼンテーション研究所

プレゼンテーション研究所とは

プレゼンテーション研究所とは、様々な視点・角度から調査や分析を行い、プレゼンを”科学する”日本初の研究機関です。
プレゼンの国内外トレンド、AIプレゼンの評価・AIプレゼン資料作成といった最新技術、相手に与える印象のデータ検証・分析など、レポートとして定期配信します。
いままで「なんとなく」でしか知り得なかったプレゼンテーションの技術を、科学的に紐解きます。

プレゼンテーション研究所 メンバー

所長 奥部 諒

プレゼンテーション協会 オフィシャルパートナー Logicool Spotlight Ambassador/東京大学大学院 国際系カンファレンスでの登壇者のプレゼンコーチ、代表等を経て東京大学大学院に進学。 理論と実践の両方向からプレゼンテーションを探求している。 現在は起業家や企業(Panasonic, Startup Hub Tokyoなど)へのプレゼンテーション・コーチ他、 各社イベントの企画からマネジメントまで統括して行う。

副所長 堀口 友恵

プレゼンテーション協会 専務理事
プレゼン資料ディレクター

ソフトバンク社員時代に述べ500社に向けて、IT技術を伝えるセミナーを開催。 伝わるプレゼン資料の作り方を多くの方に伝えるべく、現職へ。 5万部を突破した「プレゼン資料のデザイン図鑑」(ダイヤモンド社)のスライドデザイン担当。

主任研究員 玉岡 靖弘

大学では経営学(戦略論、組織論)を専攻。産学連携プログラムにて1部上場企業へビジネスプランの提案を行う。2015年4月にソフトバンクへ入社、法人営業に従事(AI等の新規事業を中心としたトップ商談向けのシナリオ、資料作成)を行う。2018年4月よりAI特化型インキュベーターであるDEEPCOREに参画。

この記事を書いた人

プレゼンテーション研究所